結婚式 服装 結婚式の服装について

結婚式の服装は、一体どういう装いにしようか・・。
と、こんな具合に結婚式の服装で悩んでいる人も多いはず。
実際、結婚式の服装って、色々と考えることが多いですよね。
新郎新婦のドレス選びから、洋装、和装、果ては招待客の服装に至るまで・・・。
洋装であれば、時間帯によって身につける礼服も変わります。
このサイトでは、結婚式 服装に関する基本、マナーなどを紹介してゆきます。
失敗しない結婚式の服装選びを学びましょう。

結婚式 服装、もう決まっていますか?このサイトでは結婚式の服装を紹介いたします!
今、女性に人気のファッションランキングはこれだ!↓↓↓↓↓

結婚式 服装 主催者側の結婚式 服装

新郎の結婚式 服装(和装)

新郎の和装、と聞けば、イメージするのは「紋付きに、羽織、袴」でしょうか。

事実、和装でもっとも格調高い礼装は「五つ紋付、羽織、袴」です。

では、これらの「格の違い」とは何なのでしょうか?以下に簡単にみてゆきましょう。

まず家紋ですが、家紋の数と、その入れ方によって格が異なってきます。
五つ紋、三つ紋、一つ紋の三種類がありますが、核が高いのは五つ紋で、貸衣装屋では主に五つ紋を取り扱っていることが多いようです。五つ紋はその名の通り、合計五つの紋が羽織に入っています。三つ紋は三つ、一つ紋は背中に一つだけ、ということになります。

また、家紋の入れ方には三種類あり、もっとも格が高いとされるのは「染め抜き」といわれる地色に白く染め抜いた紋です。

その次は着物に紋を縫いつけ、貼り付けをするタイプの「切りつけ」です。

また、刺繍で紋をいれるのは正式ではないので、格がやや下、ということになります。
紋付羽織袴の下着

和装をするとき、身につける下着は一体どういったものがあるのでしょうか。肌襦袢(はだじゅばん)、長着、ステテコ(ももひき)を用います。

和装一式のレンタル代金は?

物にもよりますが、おおよそ5万円前後、安ければ3万円、上は10万円くらい、ということになります。

和装一式の購入代金は?

これもものによって異なってきますが、およそ100万円近くはかかるとみている方がよいでしょう。もちろん、安いもので構わないというのであれば、50万円くらいからのものがあるようです。

結婚式 服装 結婚式の服装について  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/05/25