結婚式 服装 結婚式の服装について

結婚式の服装は、一体どういう装いにしようか・・。
と、こんな具合に結婚式の服装で悩んでいる人も多いはず。
実際、結婚式の服装って、色々と考えることが多いですよね。
新郎新婦のドレス選びから、洋装、和装、果ては招待客の服装に至るまで・・・。
洋装であれば、時間帯によって身につける礼服も変わります。
このサイトでは、結婚式 服装に関する基本、マナーなどを紹介してゆきます。
失敗しない結婚式の服装選びを学びましょう。

結婚式 服装、もう決まっていますか?このサイトでは結婚式の服装を紹介いたします!
今、女性に人気のファッションランキングはこれだ!↓↓↓↓↓

結婚式 服装 新婦の結婚式 服装選び

新婦 結婚式 服装(和装)

結婚式 服装 和装

新婦の和装では、白い掛下に白い打掛を羽織り、帯や小物すべてを白で統一した白無垢。これがもっとも格調高い礼装であるとされています。

また、頭には挙式の間、綿帽子か角隠しをつけます。胸元には懐刀を入れます。清純無垢を表す「白」で身を固めるのは、「あなた色に染まります」という花嫁の気持ちを象徴しているのでしょう。

さて、白無垢は格調高く、清純なイメージでよいのですが、華やかさ、という点では色打ち掛けということになるでしょう。最近はお色直しを利用して、一度の式で白無垢と色打ち掛けの両方を着用する、というパターンも多いようです。色打ち掛けの場合は白無垢とは異なり、小物は白以外の金、銀など、あでやかな色のものも使用されます。

通常、綿帽子は「白無垢」だけに使用されるのですが、「角隠し」は色打ち掛けにも、白無垢にも両方使用することができます。

和装の費用 どれくらいかかるの・・?

まずは、和装のレンタル料金について説明しましょう。和装のレンタルは、物の良し悪しにもよりますが、おおよそ50万円前後、というところでしょうか?安くても10万円以上、上は100万円ちかく、ということになります。

一方、和装一式を購入する場合にかかる費用ですが、安くても100万円近くはかかるとみている方がよいでしょう。高いものだと、400〜500万円ということですから、非常に高価なものになります。

結婚式 服装 結婚式の服装について  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/05/25