結婚式 服装 結婚式の服装について

結婚式の服装は、一体どういう装いにしようか・・。
と、こんな具合に結婚式の服装で悩んでいる人も多いはず。
実際、結婚式の服装って、色々と考えることが多いですよね。
新郎新婦のドレス選びから、洋装、和装、果ては招待客の服装に至るまで・・・。
洋装であれば、時間帯によって身につける礼服も変わります。
このサイトでは、結婚式 服装に関する基本、マナーなどを紹介してゆきます。
失敗しない結婚式の服装選びを学びましょう。

結婚式 服装、もう決まっていますか?このサイトでは結婚式の服装を紹介いたします!
今、女性に人気のファッションランキングはこれだ!↓↓↓↓↓

結婚式 服装 主催者側の結婚式 服装

両親の結婚式 服装

両親 結婚式 服装 

両親の服装も、仲人のときと注意点はほぼ同じです。ただし、母親の服装については、媒酌人夫人よりも派手にならないようにした方が良いでしょう。そのため、黒留袖の柄、帯の格などに注意し、可能であれば、事前に媒酌人夫妻と話し合っておくとよいでしょう。また、両家の両親でも事前に話し合いをし、なるべく両家の格が同じになるように注意しておきます。

両親 結婚式 服装 洋装の場合

両親の服装は、新郎新婦の服装にあわせましょう。できれば、新郎新婦よりも格を下げるか、若干地味なものにしておくべきでしょう。したがって、新郎新婦が洋装で、かつ正式礼装(モーニングコート、テールコート、ウエディングドレスなど)の場合は、父親も洋装を選びます。また、格は新郎新婦が正式礼装ですので、こちらもモーニング、またはタキシードといったものを選びましょう。母親はこの場合、アフタヌーンドレス、イブニングドレスということになります。しかし、女性の場合注意をしたいのが、白を選ばない、ということです。できれば黒っぽいドレスを選びましょう。理由は、白は主役の新婦の色だからです。もちろん、父親が洋装をしていても、母親の場合留袖でもかまいません。

両親 結婚式 服装 和装の場合

新郎新婦が和装、正式礼装の場合は、両親もそれに合わせて男性の場合は五つ紋付羽織袴、女性は留袖を選びます。既婚女性の場合、正式礼装は黒の留袖ということになります。もちろん、色留袖も格は高いのですが、できれば落ち着いた色のものを選びましょう。やはり、主役を引き立てなくてはなりません。

結婚式 服装 結婚式の服装について  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/05/25