結婚式 服装 結婚式の服装について

結婚式の服装は、一体どういう装いにしようか・・。
と、こんな具合に結婚式の服装で悩んでいる人も多いはず。
実際、結婚式の服装って、色々と考えることが多いですよね。
新郎新婦のドレス選びから、洋装、和装、果ては招待客の服装に至るまで・・・。
洋装であれば、時間帯によって身につける礼服も変わります。
このサイトでは、結婚式 服装に関する基本、マナーなどを紹介してゆきます。
失敗しない結婚式の服装選びを学びましょう。

結婚式 服装、もう決まっていますか?このサイトでは結婚式の服装を紹介いたします!
今、女性に人気のファッションランキングはこれだ!↓↓↓↓↓

結婚式 服装 結婚式 服装の基本、マナーとは

男性の礼装とは?

さて、ここでは男性の礼装、といった、「礼装の基礎知識」とでもいうべきものを解説したいと思います。(もちろん、礼装、ということですから、結婚式に招待された人のみならず、新郎にもあてはまります。)

なぜ、最初にこういったことを説明するのかというと、日本では公式の場にでることもあまりなく、また、そういった機会でさえも、よほど改まった場でないかぎり、「スーツ」でOKという風潮があるからです。
したがって、どういった服装が正礼装で、準礼装で、略礼装なのか、ということを知っておくのは損ではありません。

また、これらの知識は、結婚式や披露宴、招待された立場、時間帯などにより、いろいろ礼装を使い分けする必要があることからも、事実役に立つことでしょう。

ここで、礼装に関する基本的なことを紹介してゆきたいと思います。まずは、男性の礼装に関してです。

(※ ただし、先に述べたとおり、日本の場合ほとんどの男性招待客はブラックスーツです。友人、知人として招待されるのであれば、あまり正礼装、準礼装、などにこだわらなくてもよいことも多いです)

男性 正礼装 和装の場合

正礼装は五つ紋付羽織袴。羽織と羽織下の着物は黒の無地です。また、家紋の入れ方で格が高いとされるのは「染め抜き」といわれる地色に白く染め抜いた紋です。白い扇子をもち、鼻緒が白で畳表の草履が和装の正礼装です。

男性 正礼装 洋装の場合
昼〜午後六時 午後六時以降

・モーニングコート
シャツはレギュラーカラーまたはウイングカラー、ダブル(フレンチ)カフス。 ズボンは黒とグレーの縞か、白と黒のストライプ。ネクタイはシルバーグレイのフォーインハンドタイかアスコットタイ。靴は黒の革靴、黒の靴下などを着用。

・フロックコート
午後六時ごろまでの男性の正礼装。立襟シャツ、アスコットタイと合わせる。上着の丈が長いのが特徴。ベスト、シャツ、スラックス。

・テイルコート(燕尾服)
通常は夜間の正礼装とされているが、昼間に着用しても可。詳細は左の項目で。

・テイルコート(燕尾服)
ウエストコート(ベスト)、側章は2本のズボン着用。白の蝶ネクタイ、手袋。サスペンダーは白を着用。ベルト不可。胸元には礼装用のポケットチーフ(三つ山ができるスリーピークでたたんで)靴は黒のエナメルパンプスを。

男性 準礼装 洋装の場合
昼〜午後六時 午後六時以降

・ディレクターズスーツ
背広型の黒の上衣に、モーニングコートと同じズボン、ベストを着用。(グレー、黒のストライプ、白の千鳥格子など)

・ブラックスーツ(黒無地スーツの総称)
黒の上下の背広。白ネクタイなどを着用。シングルスーツの場合、ベスト着用。シャツ、ネクタイともに、色つきのものを選ぶのも可。

ともに、シャツは白、靴は黒のひも付き革靴。胸元にはポケットチーフをスリーピークで。

・タキシード
シャツは白のウイングカラー、立襟シャツ。ネクタイは黒無地の蝶ネクタイ。胸元には白のポケットチーフをスリーピークで。靴は黒の皮製、またはエナメルの紐なしを着用。

男性 略礼装 洋装の場合
昼、夜共通

・ブラックスーツ
黒の上下の背広。白ネクタイなどを着用。シングルスーツの場合、ベスト着用。

・ダークスーツ
チャコールグレイや紺の上質な生地のもの。スリーピースが望ましい。ズボンの裾はシングル。共地のベストの代わりにグレイ系のベストを着用しても可。慶事の場合、ネクタイはシルバーグレイ系が正式。結婚式によっては明るい色のネクタイをしても可能。

結婚式 服装 結婚式の服装について  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/05/25