結婚式 服装 結婚式の服装について

結婚式の服装は、一体どういう装いにしようか・・。
と、こんな具合に結婚式の服装で悩んでいる人も多いはず。
実際、結婚式の服装って、色々と考えることが多いですよね。
新郎新婦のドレス選びから、洋装、和装、果ては招待客の服装に至るまで・・・。
洋装であれば、時間帯によって身につける礼服も変わります。
このサイトでは、結婚式 服装に関する基本、マナーなどを紹介してゆきます。
失敗しない結婚式の服装選びを学びましょう。

結婚式 服装、もう決まっていますか?このサイトでは結婚式の服装を紹介いたします!
今、女性に人気のファッションランキングはこれだ!↓↓↓↓↓

結婚式 服装 結婚式 服装の基本、マナーとは

女性の礼装とは?(和装)

礼装について

さて、日本人の場合、公式の場所に出席する機会がそれほどないために、男性のみならず、女性もどういった服装が正礼装で、準礼装で、略礼装なのか、ということを知らない人も多いようです。

そこで、まずは女性の和装にかんする礼装を説明したいと思います。

洋装と違い、時間帯などにより、いろいろ礼装を使い分けする必要はありませんが、未婚女性、既婚女性で身につける服装も異なります。それでは早速見てゆきましょう。

女性 正礼装 和装の場合
既婚女性 未婚女性

・黒留袖
五つ紋が染め抜かれたもの。

・色留袖
地色が黒以外の留袖。五つ紋を染めぬいた黒留袖と同格。ただし、落ち着いた黒の方が無難で安全ではある。

・振り袖
大振り袖、中振り袖とある。格式があれば中振袖でも第一礼装とし通用するとされ、一般的な大振袖より格が落ちるわけではない。

女性 準礼装 和装の場合
既婚、未婚の区別はなし

・訪問着
紋をつけることによって凖礼装に。和装として一般的。

・色留袖

女性 略礼装 和装の場合
既婚、未婚の区別はなし

・つけ下げ
絵羽模様がなく、また家紋が入っていない着物。

・小紋
模様が入っている着物は総称して「小紋」という

・色無地
柄のない黒以外の無地の着物のこと。

結婚式 服装 結婚式の服装について  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/05/25