結婚式 服装 結婚式の服装について

結婚式の服装は、一体どういう装いにしようか・・。
と、こんな具合に結婚式の服装で悩んでいる人も多いはず。
実際、結婚式の服装って、色々と考えることが多いですよね。
新郎新婦のドレス選びから、洋装、和装、果ては招待客の服装に至るまで・・・。
洋装であれば、時間帯によって身につける礼服も変わります。
このサイトでは、結婚式 服装に関する基本、マナーなどを紹介してゆきます。
失敗しない結婚式の服装選びを学びましょう。

結婚式 服装、もう決まっていますか?このサイトでは結婚式の服装を紹介いたします!
今、女性に人気のファッションランキングはこれだ!↓↓↓↓↓

結婚式 服装 結婚式 服装の基本、マナーとは

結婚式の服装えらび・・・プランはありますか?

結婚式を挙げられるためにこのサイトに訪れた方、あるいは、結婚式に招待されたけれども、どういった服装をしようか、と迷ってこのサイトを訪れた方、ようこそいらっしゃいました。

まず、このサイトについて簡単にご説明させて頂きます。

このサイトは、結婚式の服装、礼装、といったものに関して、詳しく解説しているサイトです。

基本的に結婚式などのおめでたい席では、ある程度のマナーというか、常識のようなものが求められます。(もちろん、最近は砕けた雰囲気の結婚式が多いのも事実ですが)

さて、晴れて結婚式を挙げられることになったあなた、(あるいは、このサイトをご覧になっているということは、結婚式に招待されたけど、結婚式の服装、礼装を調べたいというあなたも)結婚式の服装について、「どういった服装にしようか?」というようなプランはありますでしょうか?

結婚式では、多くの友人や親戚、もちろんお世話になった方や職場の同僚、先輩など、多くの方に囲まれ、ともに新しい門出を祝福してもらう、という意味合いもあるわけですが、モノにはそれぞれTPOがあります。

当然、結婚式には結婚式の服装というものがあるわけですが、和装、洋装、といった大まかな分類のみならず、洋装いは洋装のマナーやきまり、というものもありますし、和装には和装の装い、きまりがあります。

ひとくちにいえば、「結婚式の服装はややこしい」のです。

さらに、結婚式の服装というものにも色々なパターンがあり、それゆえ「結婚式には、どういった服装を選ぼうか・・?」などと、新郎、新婦は悩んでしまいます。

私達がそうでしたから、そのへんのことはよくわかっているつもりです。

ですから、このサイトでは、結婚式の服装について紹介していきたいと思います。

結婚式当日には、一体どういった服装で結婚式本番に臨もうか?などといったあなたの悩みを解決する糸口になることと思います。

それでは、結婚式の服装について、まなんでゆきましょう。




結婚式 服装 基本について

まずは、結婚式の服装について詳しい説明をする前に、新郎新婦のお二人に一言。

お二人は、おぼろげながらでも結婚式の服装はどういったものにしようか?というプランはありますでしょうか?

そう、結婚式の種類によって、身につける衣装も変わってきますし、お色直しの回数などによっても変更があるはずですし、その服装に合わせて身につける小物なども変わってきます。

分かりやすく例を挙げるとすれば、たとえばキリスト教式の結婚式をしようとしているのに、紋付ハカマの新郎姿はどうにもチグハグでおかしいもの。

したがって、まずはどういった結婚式 服装をするのか?ということに対する答えは用意しておくべきでしょう。

男性の礼装とは?

さて、ここでは男性の礼装、といった、「礼装の基礎知識」とでもいうべきものを解説したいと思います。(もちろん、礼装、ということですから、結婚式に招待された人のみならず、新郎にもあてはまります。)

なぜ、最初にこういったことを説明するのかというと、日本では公式の場にでることもあまりなく、また、そういった機会でさえも、よほど改まった場でないかぎり、「スーツ」でOKという風潮があるからです。
したがって、どういった服装が正礼装で、準礼装で、略礼装なのか、ということを知っておくのは損ではありません。

また、これらの知識は、結婚式や披露宴、招待された立場、時間帯などにより、いろいろ礼装を使い分けする必要があることからも、事実役に立つことでしょう。

ここで、礼装に関する基本的なことを紹介してゆきたいと思います。まずは、男性の礼装に関してです。

(※ ただし、先に述べたとおり、日本の場合ほとんどの男性招待客はブラックスーツです。友人、知人として招待されるのであれば、あまり正礼装、準礼装、などにこだわらなくてもよいことも多いです)

男性 正礼装 和装の場合

正礼装は五つ紋付羽織袴。羽織と羽織下の着物は黒の無地です。また、家紋の入れ方で格が高いとされるのは「染め抜き」といわれる地色に白く染め抜いた紋です。白い扇子をもち、鼻緒が白で畳表の草履が和装の正礼装です。

男性 正礼装 洋装の場合
昼〜午後六時 午後六時以降

・モーニングコート
シャツはレギュラーカラーまたはウイングカラー、ダブル(フレンチ)カフス。 ズボンは黒とグレーの縞か、白と黒のストライプ。ネクタイはシルバーグレイのフォーインハンドタイかアスコットタイ。靴は黒の革靴、黒の靴下などを着用。

・フロックコート
午後六時ごろまでの男性の正礼装。立襟シャツ、アスコットタイと合わせる。上着の丈が長いのが特徴。ベスト、シャツ、スラックス。

・テイルコート(燕尾服)
通常は夜間の正礼装とされているが、昼間に着用しても可。詳細は左の項目で。

・テイルコート(燕尾服)
ウエストコート(ベスト)、側章は2本のズボン着用。白の蝶ネクタイ、手袋。サスペンダーは白を着用。ベルト不可。胸元には礼装用のポケットチーフ(三つ山ができるスリーピークでたたんで)靴は黒のエナメルパンプスを。

男性 準礼装 洋装の場合
昼〜午後六時 午後六時以降

・ディレクターズスーツ
背広型の黒の上衣に、モーニングコートと同じズボン、ベストを着用。(グレー、黒のストライプ、白の千鳥格子など)

・ブラックスーツ(黒無地スーツの総称)
黒の上下の背広。白ネクタイなどを着用。シングルスーツの場合、ベスト着用。シャツ、ネクタイともに、色つきのものを選ぶのも可。

ともに、シャツは白、靴は黒のひも付き革靴。胸元にはポケットチーフをスリーピークで。

・タキシード
シャツは白のウイングカラー、立襟シャツ。ネクタイは黒無地の蝶ネクタイ。胸元には白のポケットチーフをスリーピークで。靴は黒の皮製、またはエナメルの紐なしを着用。

男性 略礼装 洋装の場合
昼、夜共通

・ブラックスーツ
黒の上下の背広。白ネクタイなどを着用。シングルスーツの場合、ベスト着用。

・ダークスーツ
チャコールグレイや紺の上質な生地のもの。スリーピースが望ましい。ズボンの裾はシングル。共地のベストの代わりにグレイ系のベストを着用しても可。慶事の場合、ネクタイはシルバーグレイ系が正式。結婚式によっては明るい色のネクタイをしても可能。

女性の礼装とは?(和装)

礼装について

さて、日本人の場合、公式の場所に出席する機会がそれほどないために、男性のみならず、女性もどういった服装が正礼装で、準礼装で、略礼装なのか、ということを知らない人も多いようです。

そこで、まずは女性の和装にかんする礼装を説明したいと思います。

洋装と違い、時間帯などにより、いろいろ礼装を使い分けする必要はありませんが、未婚女性、既婚女性で身につける服装も異なります。それでは早速見てゆきましょう。

女性 正礼装 和装の場合
既婚女性 未婚女性

・黒留袖
五つ紋が染め抜かれたもの。

・色留袖
地色が黒以外の留袖。五つ紋を染めぬいた黒留袖と同格。ただし、落ち着いた黒の方が無難で安全ではある。

・振り袖
大振り袖、中振り袖とある。格式があれば中振袖でも第一礼装とし通用するとされ、一般的な大振袖より格が落ちるわけではない。

女性 準礼装 和装の場合
既婚、未婚の区別はなし

・訪問着
紋をつけることによって凖礼装に。和装として一般的。

・色留袖

女性 略礼装 和装の場合
既婚、未婚の区別はなし

・つけ下げ
絵羽模様がなく、また家紋が入っていない着物。

・小紋
模様が入っている着物は総称して「小紋」という

・色無地
柄のない黒以外の無地の着物のこと。

女性の礼装とは?(洋装)

礼装について

さて、ここでは女性の礼装、それも洋装の場合は、どれが正礼装で、準礼装で、略礼装なのか、ということを説明してゆきます。基本的なことですので、これも合わせて覚えておくと役に立つでしょう。

女性 正礼装 洋装の場合
昼〜午後六時 午後六時以降

・アフタヌーンドレス
絹、レースなどの無地の素材を使用。肌の露出は控えめなドレスとなっている。(昼のドレスなので)長袖のドレスで、光沢のあるアクセサリーは不向きなので、光らないアクセサリーを。帽子をする場合はドレスにあったものを。

・イブニングドレス
ノーカラー、ノースリーブで胸元の開いているロングドレス。アクセサリーは宝石など、光る素材でゴージャスなものをつける。(派手すぎず、新婦より目立たないものを着用すること)

女性 準礼装 洋装の場合
昼〜午後六時 午後六時以降

・セミアフタヌーンドレス
ワンピースのほか、アンサンブル、スーツ、ツーピースでも可。アクセサリーにはあまり光らない素材を選ぶ。

・セミイブニングドレス
レース、ベルベットなど、素材も豊富。ゴージャスなアクセサリーで。

女性 略礼装 洋装の場合
特に時間の制約はなし

・ワンピースやスーツなど。
自由な着こなしが可能。コサージュやバッグ、アクセサリーや小物で、フォーマルな感じをだす。

男性出席者の結婚式 服装

男性参列者 結婚式 服装

新郎新婦の友人、知人、上司、親族などといった場合、結婚式の服装は一体どのようなものにするべきなのでしょうか?

参列者の装いは、披露宴の格式、新郎新婦とどういった間柄なのか、ということで、変わってきます。

それでは、それぞれのケースごとに見てゆきましょう。

男性の参列者 服装
(新郎新婦の友人、知人といったケース)

ブラックスーツにシルバータイが定番です。シャツは白以外にもカラーのドレスシャツや、色物のネクタイを身につけてもかまいません。特に、若い人にはこういったスタイルをよくみかけます。また、一般招待客の場合、ダークスーツ、ディレクターズスーツも人気があります。

(新郎新婦の上司といったケース)

あなたがもし、スピーチを頼まれた直属の上司であるような場合はブラックスーツの準礼装にしておきましょう。それ以外ならダークスーツで問題ありません。また、あなたが社長、部長クラスであり、しかも当日は主賓として出席するのであれば、正装でゆくほうがよいでしょう。

女性出席者の結婚式 服装

女性の参列者 和装

まずは和装の場合について説明します。

準礼装なら、紋付色無地、訪問着を身につけましょう。略礼装は色無地、つけさげ、ということになります。振袖を身につける、という選択肢もありますが、振袖は正式礼装です。新婦と同格になりますし、新婦がお色直しのときに振袖に変わる可能性もあります。

この時、新婦の振袖よりもゴージャスなものだと失礼にあたります。主役を引き立てることが大切ですので、振袖は避けておく方が無難かもしれません。

女性の参列者 洋装

女性の略礼装はフォーマルスーツ、ワンピース、ツーピース、というところでしょうか。

夜はカクテルドレスなどもよいでしょう。アクセサリーは、主役よりも目立たないものにしましょう。また、靴はプレーンなパンプスなどがポピュラーです。また、ヒールと先のあるものがよいでしょう。

色については、白は新婦の色ですので、白だけはNGです。オフホワイトといった色も避けておく方が無難です。また、あまり露出の高いドレスを身につける場合は、ボレロ、ストールなどで肌を隠す方がよいでしょう。

子供〜学生の結婚式 服装

小学校〜高校生 結婚式 服装

学校に通っている場合、制服のある小中高生は、制服が正装ということになります。ただし、靴に関しては黒っぽい革靴(もしくは合皮)を履きましょう。

いつも運動靴と制服だから・・・などというのははNGです。

男の子 結婚式 服装

正式な礼装はスーツ、ブレザー、ズボンです。これに蝶ネクタイをあわせます。靴下は白色を身につけましょう。靴は黒、もしくはそれに類する色で、フォーマルなものを選びましょう。運動靴はやめましょう。また、ズボン丈は半ズボン、長ズボン両方可です。

女の子 結婚式 服装

正式な礼装は、スーツ、もしくはシンプルなワンピースです。靴下は白色を身につけましょう。靴は黒、もしくはそれに類する色で、フォーマルなものを選びましょう。やはり、運動靴はやめておきましょう。また、子供用のドレスもありますが、できればシンプルな服装の方が無難です。

結婚式の服装

まずは、簡単に結婚式の服装に関する基礎知識、招待客サイドの服装、男性、女性の礼装などということに関しての説明をさせていただきました。

新郎、新婦の結婚式 服装えらびや、主催者側の(たとえば、親類、仲人、兄弟など)結婚式服装えらびについては、右のメニューから選んでみてゆくと詳細を説明しています。

結婚式の服装、礼装に関する基礎知識も、それほど難しいものはありません。

ですから、基本をおさえつつ、自分なりのコーディネートをして、結婚式を楽しみましょう。

結婚式 服装 結婚式の服装について  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/05/25